芸能の門番

主に芸能、ニュース記事一覧。時には変わった出来事や芸能界の裏情報、伝えたいことなどを配信。日によって変わりますが、一日10記事ほど更新します。

    カテゴリ: コスプレイヤー



    (出典 levorg-subaru.com)


    普通に可愛いし、似てる!どんギツネは。

    【「吉岡里帆」のソックリさん「橘ひと美」どんぎつねバージョン】の続きを読む


    けしからん事ばかりするあまつ様

    NO.8480276 2020/05/16 12:10
    あまつ様、けしからん女教師に! ストッキングに包まれた美脚、大胆に露出された谷間…すべてが尊すぎ!!
    あまつ様、けしからん女教師に! ストッキングに包まれた美脚、大胆に露出された谷間…すべてが尊すぎ!!
     パーフェクトすぎるルックスとボディを兼ね備えていることから「2.5次元モデル」と称される人気コスプレイヤーのあまつ様が、えちえちすぎる女教師グラビアをTwitterに公開。

    男子生徒の心を鷲掴みにする悩殺ショットの数々に大興奮の声が殺到している。

     あまつ様は15日、自身のTwitterに「#ストッキングの日」のハッシュタグをつけて複数の写真を投稿。

    ストッキング描写にこだわったアニメ『みるタイツ』の女教師・奥墨ユイコのコスプレだ。

     奥墨は20デニールのストッキングを好んで履くというキャラ。

    谷間がバッチリ見える襟ぐりが深い白シャツに太ももが露出されるミニスカスーツをまとった色気あふれる先生だ。

     そんなセクシーすぎる女教師をあまつ様は完璧再現。

    教室を背景に谷間を大胆に披露しているカット、ペンを拾おうとして今にもパンチラしそうになっているカット、学校机の上でストッキングを脱いでいるカット……と、攻撃力が高すぎる内容ばかり。

    ストッキングに包まれた“2.5次元美脚”も絶品で「一生見ていていたい」と思ってしまう極上ショットだ。

     けしからん先生になりきったあまつ様にファンは「尊い…」「もう我慢出来ません!」「最高です!」と大興奮。

    1万2000を超える「いいね」を集めるなど、大反響を呼んでいる。

     最高にエロエロな先生に扮したあまつ様だが、5月19日発売の「月刊サンデーGX」(小学館)に掲載されるグラビアでは、セーラー服姿を披露。

    同誌で連載中の吸血鬼×百合漫画『ヴァンピアーズ』のコスプレで、現役感漂う女学生になりきっている。

    2.5次元ボディを持つ彼女だからこそ作れるコスプレショットに今後も期待したい。
    【日時】2020年05月16日 10:00
    【提供】メンズサイゾー


    【『あまつ様』女教師で挑発してしまう。】の続きを読む


    普通だな

    NO.8476368 2020/05/15 08:29
    「これはすけべ」美少女コスプレイヤー・とみこ、ギャップ萌え必至のハイレグ競泳水着ショット!
    「これはすけべ」美少女コスプレイヤー・とみこ、ギャップ萌え必至のハイレグ競泳水着ショット!
     美少女コスプレイヤー・とみこが、超ハイレグの競泳水着姿をTwitterに公開。

    ギャップ萌え必至の悩殺ショットにファンが悶絶し、反響を呼んでいる。

     清楚な雰囲気漂う美少女であるにもかかわらず、大胆なコスプレで人気のとみこ。

    プロコスプレイヤーとして活動するほか、グラビアにも進出中の注目株だ。

     そんなとみこは14日、自身のTwitterに「パーカーの中身」とつぶやき写真を投稿。

    競泳水着フェチ垂涎の過激ショットだ。

     1枚目の写真のとみこは、ビッグサイズのパーカーをまとったボーイッシュな姿。

    パーカーから伸びる美しい太ももが「えちえち」なカットだ。

     だが、2枚目ではパーカーの前を開けて「REALISE」のハイレグ競泳水着を披露。

    パーカーからエロエロな水着が登場するという技あり自撮りになっている。

    そして、水着が食い込んだ下半身とあどけないルックスのギャップがすさまじく、エロさが限界突破してしまっている。

     男心を刺激する競泳水着姿にファンは「ギャップが半端ない」「これはすけべ」「ふーんえっちじゃん」と大興奮。

    4000近くの「いいね」を集めるなど、大反響を呼んだ。

     発売中の「EX大衆」(双葉社)のコスプレ特集に登場するなど、グラビア活動も積極的なとみこ。

    えなこ、伊織もえ、あまつ様…といった超人気レイヤーに続く次世代レイヤーとして注目したい存在だ。
    【日時】2020年05月15日 07:00
    【提供】メンズサイゾー


    【美少女コスプレイヤー『とみこ』ハイレグ競泳水着透けとるがな!】の続きを読む


    凄いロリ顔ですな ネズコちゃんのコスプレ可愛い

    NO.8444501 2020/05/06 11:41
    美少女すぎる中国人レイヤー・yami、透明感あふれるムチムチ太もも!
    美少女すぎる中国人レイヤー・yami、透明感あふれるムチムチ太もも!
     「美少女すぎるコスプレイヤー」として、日本でも絶大な支持を集める中国人レイヤーのyamiが、ムチムチの太ももを大胆に露出したお色気ショットをTwitterに公開。

    透明感あふれる素肌に悩殺されるファンが続出している。

     中国だけでなく日本でも精力的にコスプレ活動をするyami。

    2018年に人気アニメ『はたらく細胞』の幼女系キャラ・血小板のコスプレをTwitterに公開すると、あまりの可愛さから20万を超える「いいね」が集まり、一躍人気レイヤーに。

    日本のファンも多数獲得しており、Twitterのフォロワー数は80万を超えている。

     そんなyamiは4日、「黒yamiです」とツイートして複数の写真を投稿。

    黒のビックパーカーに黒のレースニーハイを合わせた“黒yami”コーデを披露した。

     パーカーの裾からは真っ白なyamiの美脚が伸びており、透明感あふれる素肌があらわに。

    “見えそうで見えない”アングル、ニーハイとの間に生まれた「絶対領域」…と男心をくすぐる要素が盛りだくさん。

    ルックスの可愛らしさと太もものセクシーさのギャップにノックアウトされること間違いなしの技ありショットだ。

     暴力的に可愛すぎるショットの数々にファンたちは「可愛すぎるよ〜」「控えめに言って最高すぎる!」「生きててよかったです!」と大興奮。

    3万を超える「いいね」がつくなど、大反響を呼んでいる。

     SNSではコスプレショットを公開する一方で、昨年11月には人気レイヤー・伊織もえと共に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙と巻頭・巻末グラビアを飾るなど、グラビア方面にも進出中のyami。

    今後の活動に注目していきたい。
    【日時】2020年05月06日 10:00
    【提供】メンズサイゾー


    【中国人コスプレイヤー『yami』Twitterでムチムチとした けしからん太もも晒してしまう。】の続きを読む



    NO.8420340 2020/04/30 11:08
    美ボディレイヤー・のらねこ、絶景すぎる“おっぱい山”! 技ありランジェリーショットにファン昇天
    美ボディレイヤー・のらねこ、絶景すぎる“おっぱい山”! 技ありランジェリーショットにファン昇天
     人気コスプレイヤーの「のらねこ」が、バストの谷間をドアップにした超絶セクシーショットをTwitterに公開。

    あふれ出る色気に昇天するファンが殺到している。

     B80・W60・H83(cm)という均整のとれたプロポーションを最大限に生かしたセクシーコスプレで人気を集めているのらねこ。

    Twitterフォロワー数は13万を超える超人気レイヤーだ。

    積極的に露出度高いコスプレに挑戦している彼女だが、先日には大胆すぎるフルヌードショットをTwitterに公開。

    あまりのエロさに衝撃を受けたファンが続出した。

     そんなのらねこは29日、自身のTwitterに1枚の写真を投稿。

    ランジェリーをまとった豊満バストがドアップになったおっぱいショットだ。

     のらねこはベッドで仰向けになり、着衣を乱しながらバストを露出。

    バスト部分はのらねこ視点でカメラに収まっているのだが、その光景はまるで連なる山のよう。

    山の間には深い谷があり、改めてバストのボリューム感が伝わる技ありショットとなっている。

     おっぱいの向こうにある黒タイツをまとった太ももも色っぽいセクシーショットにファンは「良い景色です」「絶景かな」と大喜び。

    外出ができないストレスを“絶景”で解消した模様だ。

     TwitterやInstagramをはじめ、クリエイター支援プラットフォーム「Fantia」などでも露出度たっぷりのセクシーショットを公開しているのらねこ。

    自粛疲れを吹き飛ばすようなお色気ショットに今後も期待したいところだ。
    【日時】2020年04月30日 10:00
    【提供】メンズサイゾー


    【美ボディレイヤー『のらねこ』エロいランジェリーで挑発してしまう。】の続きを読む

    このページのトップヘ