芸能の門番

主に芸能、ニュース記事一覧。時には変わった出来事や芸能界の裏情報、伝えたいことなどを配信。日によって変わりますが、一日10記事ほど更新します。

    カテゴリ:芸能人 > 女優


    永野 芽郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。 子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー
    55キロバイト (7,215 語) - 2020年4月28日 (火) 09:45



    (出典 www.sankei.com)


    週間0.4万部が凄いのかどうなのかわからない。。。

    【『永野芽郁』写真集の売れ行きが凄い!6日間でブッチギリの1位を獲得してしまう。】の続きを読む


    北川 景子(きたがわ けいこ、1986年(昭和61年)8月22日 - )は、日本の女優。 兵庫県神戸市出身。スターダストプロモーション所属。明治大学商学部卒業。 夫はBREAKERZのボーカルで歌手、タレントのDAIGO。 高校在学中にモデル事務所にスカウトされ、2003年に「ミスSEVENTEE
    41キロバイト (4,915 語) - 2020年4月28日 (火) 21:07



    (出典 pbs.twimg.com)


    結婚しても尚人気落ちず。最近髪を30cm切り、妊娠を報告しました。ママになった後は芸能界から消えてしまうかもしれませんね。

    【超人気女優『北川景子』ママになって芸能界から去る前に画像貼る!】の続きを読む


    中条 あやみ(なかじょう あやみ、1997年2月4日 - )は、日本のファッションモデル、女優。TENCARAT所属。大阪府大阪市阿倍野区出身。 14歳の時、家族でグアム旅行、グアムの空港で現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。 2011年、女性ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオ
    45キロバイト (5,858 語) - 2020年4月12日 (日) 15:00



    (出典 img.geinoueroch.com)


    中条あやみ  no.1

    (出典 Youtube)


    3D彼女辺りくらいかな〜 可愛くなったと感じたのは

    【CanCamモデルから立派な女優に大変身『中条あやみ』20代で最も可愛い女優に選ばれる。】の続きを読む


    森川 (もりかわ あおい、1995年6月17日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。元・ファッション雑誌『Seventeen』専属モデル。 愛知県東海市出身。スターダストプロモーション芸能1部所属。 2010年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募者5
    49キロバイト (6,515 語) - 2020年4月30日 (木) 01:58



    (出典 pbs.twimg.com)


    勢いあるうちに行け〜!!!

    【『森川葵』を覗いてみよう】の続きを読む


    結構濡れ場シーンで活躍してました。

    NO.8420020 2020/04/30 09:12
    沢尻エリカの「全裸争奪戦」が過熱も松浦氏の薬物疑惑でエイベックス“良識派”が復帰に猛反対か
    沢尻エリカの「全裸争奪戦」が過熱も松浦氏の薬物疑惑でエイベックス“良識派”が復帰に猛反対か
    昨年、違法薬物の所持で逮捕され、世間を騒がせた沢尻エリカだが、水面下では着々と復帰の準備が進められているようだ。

    「沢尻は現在、配信映画を見たり読書をしたりと、静かな日々を過ごしているとのこと。一部メディアには、日曜になると降板したNHK大河ドラマ『麒麟がくる』を観て悔し涙を流していると報じられていましたが、実際は一切観ていないようで、報道を知ってかなり不機嫌になっていたそうです」(テレビ関係者)

    一足早く自粛生活を送っている沢尻だが、女優としての才能を高く評価している者も多いため、ここにきてオファーも増え始めているようだ。

    「地上波はまだ無理でしょうが、映画『ヘルタースケルター』でヌードを惜しげもなく披露している沢尻ですから、今なら禊の全脱ぎも期待できるとあって、配信ドラマや映画関係者が声をかけているようです。
    一部では『全裸監督2』の出演の噂もありますが、それとは別に所属のエイベックスが出資している作品の準主役が内定していたとも。激しい濡れ場も用意されていたようですが、残念ながらコロナ禍で企画自体がストップしてしまったのだとか」(同)

    しかし、業界全体が沢尻の復帰を後押ししているわけではないという。

    芸能関係者が耳打ちする。

    「エイベックスといえば、先日、松浦勝人会長にも薬物疑惑報道が出たことで、世間からは沢尻を解雇しなかった甘い対応と関連付けられてしまっています。
    松浦氏が沢尻の復帰をゴリ押しすれば、世間からは“クロ”のイメージを持たれかねない。そのエイベックスには、“良識派”と呼ばれる反松浦一派も存在。
    その勢力は沢尻の早期復帰に猛反対しており、彼女の取り扱いを誤ればお家騒動に発展するかもしれません」

    4月28日発売の「FLASH」(光文社)によれば、『ヘルタースケルター』の撮影時、沢尻はハイテンションで楽屋にいる時点から全裸だったという。

    もう一度、あの美ボディを拝める日は来るだろうか。
    【日時】2020年04月30日 06:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【『沢尻エリカ』「全裸」争奪の渦に巻き込まれてしまう。】の続きを読む

    このページのトップヘ