人間みたいな感じの生命体がいたら夢広がるね

NO.8374950
地球サイズの系外惑星発見 液体の水も存在可能 NASA
地球サイズの系外惑星発見 液体の水も存在可能 NASA
米航空宇宙局(NASA)は16日までに、地球とほぼ同じサイズで、岩石でできた太陽系外惑星を発見したと発表した。

温度は水が液体の状態で存在できると推定され、これまで見つかった系外惑星の中で、大きさと温度の双方で最も地球に近い条件だという。

この惑星は、地球から約300光年離れた恒星を回る「ケプラー1649c」。

2018年に退役したケプラー宇宙望遠鏡のデータの再確認で見つかった。

半径は地球(約6400キロメートル)の1.06倍で、赤色矮星(わいせい)と呼ばれる低温の小さな恒星の周りを公転している。

恒星から受け取る光の量は、地球が太陽から受け取る量の75%程度で、液体の水を維持できると推定された。

ただ、大気の有無など詳しいことは分かっていない。

NASAなどは、ケプラー望遠鏡の膨大な観測データをコンピューターで自動解析していたが、この惑星の存在は見いだせなかった。

再検証したところ、見つかったという。



【日時】2020年04月16日 20:53
【ソース】時事通信
【関連掲示板】



(出典 sorae.info)





#1 [匿名さん] :2020/04/16 23:32

今すぐ移住だな


#2 [匿名さん] :2020/04/16 23:33


へぇ〜


#3 [匿名さん] :2020/04/16 23:33

俺の故郷だ


#4 [匿名さん] :2020/04/16 23:33

宇宙人


#5 [匿名さん] :2020/04/16 23:33

今それどころじゃない❗


#7 [匿名さん] :2020/04/16 23:34

恋する小惑星