15歳少年が3Dプリンターで防護マスクを手作る 病院「もっと作って」


3Dプリンター(スリーディープリンター、英語: 3D printer)とは、3DCAD、3DCGデータを元に立体(3次元のオブジェクト:製品)を造形する機器。通常のプリンターのように紙に平面(二次元)的に印刷する形式や、鋳型を作って造形材を充填・固形化する形式と異なる。日本語では立体印刷機(りったいいんさつき)とも言う。
35キロバイト (5,060 語) - 2020年3月18日 (水) 00:46



(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


気の利いたというか、優しいというか、大人でもなかなかやらない事を15歳の少年が病院を助けた。簡単な事だけど、中々出来ない事ですよね。

【この記事の動画を見る】

ミルトンキーンズに住む15歳の少年が、自宅の3Dプリンターで防護マスク手作りした。NHS(国民保健サービス)の最前線で働く医療スタッフに寄付したところ大好評となり、もっと作って欲しいとのリクエストが出ているという。『Metro』などが報じた。

新型コロナ感染拡大防止策で学校閉鎖となり自宅待機しているルドラ・ナカデ君は、自宅にある3Dプリンターを使ってプラスチックの防護マスクを製作した。ヘッドバンドに透明プラスチックで顔を覆う、サンバイザーのようなフェイスシールドの防護具だ。

一般開業医の息子であるルドラ君は、防護具不足のため医療従事者は新型コロナの感染患者を防護具なしで対応していると耳にしていた。そこで自分の3Dプリンターを役立たせればと思い、ウイルスを防御するフェイスシールドを作り始めたそうだ。製作したマスクをすべて病院に寄付したところ、医療スタッフは彼の行いに大変感謝し、さらなる寄付を期待するとの要望があった。

そんな医療現場からのリクエストに応じ、ルドラ君はさらに多くの防護マスクを作ることを決意した。製作には材料費がかかるため、クラウドファンディングを通じて寄付金を集めることにしたのである。この呼びかけに多くの人々が賛同し、3日間で3000ポンド(約40万円)を超える募金が集まったほか、2台の3Dプリンターも寄付された。

ルドラ君はクラウドファンディングに設置したページで、このように伝えている。

マスクを量産するには、プリント用材料や消毒剤、梱包材などの費用が必要です。皆さんからの募金がなかったら、医療スタッフが防護具を必要とするときに寄付することができないのです。」
「新型コロナから国民を救うため、命の危険を晒しながらも絶え間なく働く医療スタッフ助けてもらいたいと切に願います。寄付金は正義をサポートするために使われます。」

3月24日には、緩和医療を行うジェームズ・コクソン医師によって防護マスクボランティア製作する「3DCrowd UK」が設立された。クラウドファンディングで寄付金を集め、英国内で3Dプリンターを持つ人達に防護マスクの製作を呼びかけるプロジェクトだ。

「我々は国内で3Dプリンターを持つすべての人達に、プロジェクトに参加して医療関係者のためにマスクを作ってもらうようにと呼びかけています。」

ボランティアに登録すると、防護マスクヘッドバンド部分の作り方の説明書が送られる。製作したヘッドバンドを包装して本部に郵送すると、その場でプラスチックフィルムを付けてマスクを組み立てるという仕組みだ。4月5日時点で、4800人以上のボランティアが参加している。

画像は『Metro 2020年4月7日付「Boy, 15, creates masks with 3D printer so effective NHS staff ask for more」(Picture: Gofundme/Rudra Nakade)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)

ヌコ大好き

ヌコ大好き

医療スタッフは彼の行いに大変感謝し、さらなる寄付を期待する遠慮しないもんなんですね、もっと寄こせってwしかも追加で送る努力してるし凄いわwwww

ヌコ大好き

ヌコ大好き

日本でこのお礼というよりも催促の回答やったら厚かましいって叩かれそう文化の違いかなw

月杜

月杜

「もっと作って」って購入かと思ったら寄付を期待w

purupurupudding

purupurupudding

厚かましいとは思わないな。医療関係者も彼の期待に応えて命懸けでたくさんの人を救ってくれるのだから。

孤犬(Maxxie)

孤犬(Maxxie)

今金なんて持ってても意味ないからな。多くの国が配給やベーシックインカム並みの給付を検討してたり、実施してたりした状態で購入したいって言われてもね。医療従事者が倒れなければ、まさに情けは人の為ならず

sorahiko

sorahiko

実際足りてないんで、「可能なら増産してくれると助かるんだ!」ってのは切実な話だと思う  しかし3Dプリンターってこんなのも作れるんだな 機材と資材さえ何とかすれば、草の根活動であっという間に充分量確保できそう

banri

banri

まあいいけど、これ一個作るのに何時間かかるか分かって言ってるんだろうか。

キシマックス

キシマックス

後で謝礼として支払うならともかく購入はアカンだろ。 医療用品を登録販売してない奴から勝手に買うのOKにしたら親族から購入とか悪用されかねない

風野妖一郎

風野妖一郎

3Dプリンターで作って時間を稼いでる間に金型で大量生産する体制を整えればいいわけだ。使用感のフィードバックもすぐ出来るだろうし、やっぱ3Dプリンターは素晴らしいな

キシマックス

キシマックス

最悪なケースは医療従事者が感染し時に「対価を得るに値する効果のない」ものを販売した形になることだ