頑張れ!息子さんは、良くも悪くも、お父さんのようにはならないでしょうね(笑)

NO.8149277 2020/01/31 10:35
独占告白 お笑い芸人を目指す宮迫博之の息子が語る「父と夢」
独占告白 お笑い芸人を目指す宮迫博之の息子が語る「父と夢」
■親の力は使いたくない
「芸人を目指しているのは、まったくお父さんの影響ではないんです。もちろん父をテレビで見かけることはよくありましたが、カッコいいとか憧れるという感情はなかったですね。父というより、人気芸人が出てるなぁという感覚です」

ハニカミながらそう語るのは、藤井陸くん(18)。

芸人・宮迫博之(49)の一人息子だ。

本誌が昨年報じた一連の「闇営業」問題は、吉本興業を揺るがす一大スキャンダルに発展した。「ギャラはもらっていない」と後輩芸人に嘘をつかせた宮迫への批判は大きく、復帰の道はいまだ見えていない。はたして、そんな父親の姿を息子はどう見ているのか。

アマチュア漫才コンビ『フライドポテト』として活動中の陸くんが、「相方の山口(将・19)と一緒なら」という条件付きで本誌の独占取材に応えた。

藤井「お笑い芸人を目指すようになったのは、単純にモテたかったからです。中学生のときにテレビでたまたま『博多華丸・大吉』さんの漫才を見て、すごくカッコよくて。僕もやりたいと思い、同級生だった山口とコンビを組んだ。『フライドポテト』という名前はクラスメイトから募集して決めました。最初は文化祭に出る程度だった漫才を真剣にやるようになったのは、高校2年生。『ハイスクールマンザイ』というお笑いの甲子園みたいな大会に出場したのがきっかけです」

山口「僕がボケで藤井がツッコミ。高2のときは準決勝で負けたんですが、高3では決勝までいけました」

藤井「お父さんからお笑いの活動を止められたり、逆にアドバイスをされたり、ということは一切ないですね。『宮迫の息子』として見られたくなかったので、名字も変えて活動している。スネかじりと言われるのもイヤなので、大学生になってからは100円ショップでアルバイトもしています」

山口「闇営業報道が出たときも、藤井はあまり動じてなかったよね?」

藤井「報道の前にお父さんから連絡があったのは覚えています。『載るから』と。それから、家族会議も開かれましたね。家族会議は『大変なことになった』という話をしていたと思うんですが、あまり聞かないようにしていました。僕はあまりお父さんがやったこととは思えなくて。どこかの人気芸人が悪いことをした、という感じ。息子からすると、家での父・宮迫とテレビで見る芸人・宮迫は別の人なんです。お父さんは放任主義と言いますか、息子にはまっ..



【日時】2020年01月31日
【ソース】FRIDAY
【関連掲示板】



(出典 geitopi.com)





#2 [匿名さん] :2020/01/31 10:38

>>0
要らないだろ


#4 [匿名さん] :2020/01/31 10:43

宮迫なのに何で藤井?


#5 [匿名さん] :2020/01/31 10:58

>>4
親の光を使いたくない言うてるじゃん


#6 [匿名さん] :2020/01/31 11:01

>>4
通名ですよ通名


#8 [匿名さん] :2020/01/31 11:04

>>4
屁こき嫁の旧姓


#11 [匿名さん] :2020/01/31 11:15

>>4
そのくらいちゃんと記事読めば分かるだろ